高血圧症の方は色々と日常生活で制限されたりしていますのでどのような食事をとりどんな薬を服用するのがいいのか、などサポートしていきますので高血圧症の方は参考にしてみてください。

自覚症状のない高血圧症に効能がある桔梗エキス

高血圧は自覚症状がない人が多く、元気に生活できることから、自分が高血圧症であることに気が付きにくい病気です。高血圧症には原因がはっきりしている二次性高血圧と、原因がわからない本態性高血圧があります。日本人の高血圧症の80パーセントから90パーセントは本態性高血圧です。頭痛、頭が重い感じ、めまい、耳鳴りを自覚症状で感じるような場合は高血圧が進んでいる場合です。動悸、呼吸困難、胸痛、むくみや夜間尿、足の痛みやしびれがでる場合は要注意が必要です。その状態になる前に体重や血圧をはかり、高血圧を予防し、対策をとることがポイントです。桔梗エキスはのどの痛みに効能があることは知られています。しかし、桔梗エキスが高血圧に効能があることはあまり知られていません。桔梗は古くから根の部分が生薬として使用される貴重な植物です。桔梗エキスは自覚症状のない高血圧を予防する健康効果があります。血圧をあげる要因である肥満に効果があります。コレステロール値を下げ、血糖降下や血管拡張の作用を助けます。体内の水分循環を正常にし、便通を良くする効能を桔梗エキスは持っています。高血圧症による動悸、肩こり、のぼせなどの改善に用いることができます。肥満症のむくみ、便秘、動脈硬化にも効果があります。生活習慣病といわれる高血圧症は食塩のとりすぎに気をつけることが大事です。食生活をいろいろと見直すようにします。血圧をあげる要因は精神的なストレス、喫煙、肥満などがあげられます。食事療法のポイントとして、桔梗エキスをとりながら、食塩を減らすようにすることです。明るく楽しい生活を心掛け、自覚症状がでる前に高血圧症の予防をすることが一番大切になります。