高血圧症の方は色々と日常生活で制限されたりしていますのでどのような食事をとりどんな薬を服用するのがいいのか、などサポートしていきますので高血圧症の方は参考にしてみてください。

閉塞性動脈硬化症と高血圧症の治療薬

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化により手足の血管で血流障害を引き起こす疾患であり、特に50歳~60歳以降の男性に患者が多いのも特徴です。
閉塞性動脈硬化症患者は、手足の動脈だけでなく、全身の動脈でも動脈硬化の症状が見られる事が多く、3割の患者が冠動脈疾患を併発し、2割の患者が脳血管障害を併発している事が確認されています。
閉塞性動脈硬化症の原因は、食生活や、ライフスタイルの欧米化にともなう糖尿病や高血圧、脂質異常症、喫煙、飲酒など生活習慣の乱れが危険因子とされ、動脈硬化を起因とする閉塞性動脈硬化症患者が急速に増えています。
閉塞性動脈硬化症の初期症状は、下肢の冷感やしびれなど軽微な症状が現れ、次第に脹ら脛や太ももなどに間欠性跛行の症状が現れます。
更に、病状が進行すると安静時にも痛みがあり、潰瘍から壊死するケースもあります。
閉塞性動脈硬化症の治療は、動脈硬化の危険因子である高血圧症や糖尿病、脂質異常症の治療から始めます。
高血圧症の治療には、血圧下げる薬や食事療法など生活習慣の改善を行います。
高血圧症の治療薬には、アンジオテンシンII祖阻害薬やカルシウム拮抗剤を中心にアンギオテンシン阻害薬や利尿剤、β遮断薬、α遮断薬、βα遮断薬、合剤の8種類の血圧下げる薬剤が主に処方されています。
血圧下げる薬剤として、多くの場面で処方されるアンギオテンシンは、血管の収縮と動脈硬化、交感神経活性亢進を抑制する薬剤です。
副作用としては、喉のイガイガ感や咳など軽微な症状がほとんどです。
又、カルシウム拮抗薬は、血管壁内の血管平滑筋の収縮を阻害する薬剤です。副作用としては、頭痛、動悸、顔のほてり、倦怠感などの症状が見られますが、副作用が少ない薬剤です。