高血圧症の方は色々と日常生活で制限されたりしていますのでどのような食事をとりどんな薬を服用するのがいいのか、などサポートしていきますので高血圧症の方は参考にしてみてください。

高血圧症に効く薬ノルバスク

高血圧症は、自覚症状が殆ど無い為に発見が遅れ、脳出血や脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など死に至る様な重篤な疾患を発症するケースが多くあり、サイレントキラーとも呼ばれています。
高血圧症は、遺伝や生活習慣が原因とされていますが、遺伝的危険因子を有していなくても日々の生活習慣が乱れていると発症するリスクが非常に高くなります。
現在、日本国内に数千万人の患者がいる為に、高血圧症は国民病とも呼ばれています。
体内のカルシウムは、約99%のカルシウムが歯や骨に蓄積され、1%に満たないカルシウムは止血や神経の動きの調節など生命維持に必要な働きをサポートするだけで無く、血管の平滑筋細胞のカルシウムチャンネルより細胞内に侵入して、血管を収縮させます。
ノルバスクなどのカルシウム拮抗薬は、血管の平滑筋細胞へのカルシウム侵入を阻害し、心臓の周辺にある冠動脈や末梢血管の血管拡張し、血圧を降下させる効果があります。
ノルバスクなどのカルシウム拮抗薬は、長時間作用型ジヒドロピリジン系のカルシウムチャネル拮抗薬に分類されているアムロジピンが、主成分として配合されおり、半減期が35時間と長く安定した効能を示し、心臓周辺の冠動脈を拡張するので心臓への血流が確保され、血管や心臓への負担が軽減出来る為に虚血性心疾患などの症状も緩和や改善に期待出来ます。
アムロジピンは、服用後に比較的ゆっくりと効能を発揮するので、カルシウム拮抗薬の中でも特に顔面紅潮や頭痛などの副作用症状が起こり難い事で注目されていますが、めまい、全身の倦怠感、過敏症、むくみ、眠気、吐き気、便秘、下痢などの症状が発現するケースがあり、極稀に重篤な副作用として肝機能障害を発症するケースがあります。