高血圧症の方は色々と日常生活で制限されたりしていますのでどのような食事をとりどんな薬を服用するのがいいのか、などサポートしていきますので高血圧症の方は参考にしてみてください。

高血圧症のNPO法人日本協会が定める腎血管性

NPO法人日本高血圧協会は、高血圧症のNPO法人日本協会であり、全国9ブロック47支部の全国規模の組織であり、世界高血圧協会や世界高血圧学会に協力しています。
結果、従来のNPO法人日本協会が定める食塩摂取量6g未満/日や厚生労働省が定める食塩摂取量8g未満/日をWHOやWHL、GSHが提唱する食塩摂取量5g未満/日をNPO法人日本協会が推奨する食塩摂取量として改定しています。
高血圧症は、世界で最も患者数の多い病気であり、日本国内で約4300万人の患者がいるといわれており、大きな社会問題となっています。
高血圧症は、特有の症状が無い為に自覚する事が難しく、放置してしまい病状が進行してしまい、気付いた時には深刻な状態に陥っているケースが多くある事からサイレントキラーとも呼ばれています。
高血圧症を起因とする疾患には、脳卒中や心筋梗塞、腎不全などがあり、どの疾患も生命の存続を脅かす重篤な疾患です。
高血圧症には、本態性高血圧と二次性高血圧の2種類があります。
本態性高血圧は、明確な発症原因が不明な疾患とされていますが、ナトリウムの過剰摂取や日常の生活習慣の乱れ、遺伝的要因などが原因と考えられています。
二次性高血圧は、アルドステロンなどのホルモン異常や腎血管性高血圧などの腎臓疾患などが原因である為に、原因となる疾患が治癒すれば2次性高血圧も治癒します。
腎血管性高血圧症は、二次性高血圧の一つで腎臓の動脈が動脈硬化や線維筋性異形成、大動脈炎症候群などにより狭くなる事が原因です。腎血管性高血圧症は、腎臓の動脈が狭くなる為に血流障害が起き、血流障害が起きている方の腎臓で血圧を上昇させるレニンが生成される為に、血圧が異常に高くなる疾患です。
放置すると、他の高血圧症と同様に腎不全や心不全、脳卒中など死に至る重篤な疾患を発症するリスクが高くなります。